研究室移転のお知らせ

2019年9月13日、生命倫理研究所が、移転いたしました。

 

旧) 千代田区四番町4 上智大学市谷キャンパス

新) 千代田区紀尾井町7-1 上智大学四谷キャンパス

TEL・FAX番号は変更ございません。

 

引き続き、よろしくお願い申し上げます。

 

【9/15開催】科研基盤研究(B)共催シンポジウム
「先端技術と安楽死の倫理」

 

 

 

 

 

※入場無料・予約不要

 

 

上智大学生命倫理研究所および
科研基盤研究(B)「最先端医療分野における欧米の生命倫理政策に関する原理・法・文献の批判的研究」共催シンポジウム
「先端技術と安楽死の倫理」

日時:2019年9月15日(日)
場所:上智大学 四谷キャンパス  2号館 4階 414教室


プログラム
12:00~13:00 小林真紀(愛知大学教授)
「ベルギーの安楽死法の現状と課題」
13:00~14:00 横野恵(早稲田大学教授)
「子宮移植の倫理:諸外国での議論状況」
14:00~15:00 盛永審一郎(富山大学名誉教授)
「世界の終末期の意思決定ー医師介助自殺と安楽死」
15:00~16:00 アン・ルース・マッコア Anne Ruth Mackor
「オランダにおける安楽死」 “Euthanasia in the Netherlands”
                            <英語・和訳テキスト配布>
16:00~17:00 質疑応答 <逐次通訳付き>

●Anne Ruth Mackor氏 プロフィール
The University of Groningen - Professor of Professional Ethics, in particular legal professions at the Faculty of Law
・グローニンゲン大学法学部教授(専門職倫理学)
・安楽死審査委員会委員
・オランダ『Euthanasie Code 2018』主執筆者

司会/開会の挨拶: 小出泰士(芝浦工業大学教授)
閉会の挨拶: 浅見昇吾(上智大学生命倫理研究所所長)

主催:上智大学生命倫理研究所
共催:科研基盤研究(B)「最先端医療分野における欧米の生命倫理政策に関する原理・法・文献の批判的研究」

……………………………………………………………………………………………………………………………………………….
問合せ: 上智大学生命倫理研究所
TEL : 03-3238-4050/3616 FAX:03-3238-4011
E-mail:suibe2010@sophia.ac.jp

2019年度の主な活動

シンポジウム

………順次掲載予定………

出版・刊行

紀要『生命と倫理』第7号<原稿募集中>
………順次掲載予定………

その他の活動

◆4月22日(月) 2019年度 第1回所員会議

◆7月11日(木) 仙台第一高等学校・高校生の訪問を受けました

◆7月12日(金) 2019年度 第2回所員会議

………順次掲載予定………

 

Posted in jp

【10/28エントリー締切】生命倫理研究所 紀要『生命と倫理』7号 投稿原稿募集

 

 

 

 

 

 

←画像は前年度『生命と倫理』第6号

 

2019年度発行予定の『生命と倫理』第7号の投稿原稿を募集いたします。
投稿を希望される方は、下記お申し込みフォームからエントリーをお願い申し上げます。

■エントリー締切
2019年10月28日(月)24:00
*エントリーの結果は、エントリー後、2週間以内に通知いたします。

■原稿提出締切
2019年11月28日(木)24:00

■対象
修士課程修了以上、または同等の社会経験を有する者。

■備考
応募原稿は、『生命と倫理』執筆要項に従って作成して下さい。
詳細は、後日お送りするエントリーの結果通知メールをご確認ください。

申込みボタン

*上記お申し込みフォームでエントリー後、受付メールが自動送信されます。
*郵送、FAXまたはE-mailでのエントリーも可能です。
ご希望の方は、氏名(ふりがな)、所属、職位、メールアドレス、仮題、備考をお書き添えの上、下記の宛先までお送りください。

■お問い合わせ先
上智大学 生命倫理研究所 紀要編集委員会
〒102-0081  東京都千代田区四番町4
※(移転のため9/13~)〒102-8554  東京都千代田区紀尾井町7-1
TEL:03-3238-4050(月水金 9:00~17:00)
FAX:03-3238-4011
E-mail:suibe2010@sophia.ac.jp

夏期休業期間のお知らせ

学内休業に伴い、下記の期間、研究所事務室を閉室といたします。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

■休業期間
2019年8月10日(土)~ 2019年8月20日(火)

※2019年8月21日(水)より、通常業務を再開いたします

 

「オランダの安楽死―医療の現場と社会的コントロール」

 

 

 

 

 

 

 

日時:2019年1月25日(金)15:30-16:50
場所:上智大学四谷キャンパス2号館17階・2-1702会議室
※入場無料・申込不要

講演:15:30-16:20
Johannes JM van DELDEN
(ユトレヒト大学教授、Prof.MD,PhD)
質疑応答:16:20-16:50

主催:上智大学実践宗教学研究科
共催:上智大学生命倫理研究所

……………………………………………………………………………………………………………………………………………….
問合せ: 上智大学実践宗教学研究科
TEL : 03-3238-4699

Posted in sym

仙台第一高等学校・高校生の訪問を受けました

7月11日(木)
宮城県仙台第一高等学校の2年生5名の訪問を受けました。

自分たちの研究テーマの理解を深めるため、校外研修の一環として、「出生前診断」について専門家の話を聞きたいとの訪問です。
当研究所からは、町野客員研究員と奥田所員が応対させていただきました。

 

 

 

 

 

 

「NIPTは本当に年齢制限が必要なのか」「日本の出生前診断の現状について、最新の見解は?」など、まずは高校生の質問に答える形で、懇話が進行。
高校生の皆さん、文献やネットで調べてきた内容を、身内や知り合いの経験談とも合わせ、自分たちなりの考えや疑問点を述べてくれました。

 

 

 

 

 

 

研究所員からは、日本と海外の実状や、考えられる問題点や必要な視点、それに対する個人的見解などを、高校生の皆さんとやり取りしながらご説明。最新の情報や、現場での苦悩など、当研究所員ならではのお話ができたのではないかと思います。

たっぷり2時間の懇話となりました。

 

2017年度の主な活動

シンポジウム

♦2017年10月21日(土)14:00-17:00
「ヒト受精卵のゲノム編集」

♦2017年11月11日(土)
地球システム・倫理学会共催シンポジウム
「総合的な(インテグラル)エコロジーに向けて」

♦2018年2月25日(日)13:30-16:45
南山大学共催シンポジウム
「人権・安全・安心?―「いわゆる障碍者」の居場所」

♦2018年3月19日(月)17:30-19:30
東京慈恵会医科大学ジョイントシンポジウム
「看護系大学院教育の現状とこれから」

 

出版・刊行

紀要『生命と倫理』第5号

Posted in jp

2018年度の主な活動

シンポジウム

♦2018年6月24日(日)14:00-16:30
臨床ケア哲学・倫理学セミナー
「哲学と医療実践のあいだ」

♦2018年7月1日(日)13:00-17:00
第6回市民公開講座
「ユマニチュードがもたらすもの-環境と情報と変容-」

♦2018年10月13日(土)14:00-17:30
南山大学共催シンポジウム
「Stranger Ethics:人は<よそ者>の何を恐れるのか?」

♦2018年12月5日(水)17:30-19:30
東京慈恵会医科大学ジョイントシンポジウム
「多角的視点から見た 真に必要とされるケア」

♦2018年12月15日(土)13:00-17:00
第6回生存科学シンポジウム
「生存の中の依存」

♦2019年1月26日(土)13:00-17:40
ソフィアシンポジウム
「人間の尊厳と障碍者」

♦2019年1月28日(月)13:30-16:40
「日米独の研究倫理の現状と課題」何が許されて、何が許されないのか?

 

出版・刊行

紀要『生命と倫理 第6号』

Posted in jp