2018年2月25日 南山大学社会倫理研究所共催シンポジウム
人権・安全・安心?―「いわゆる障碍者」の居場所

社会における障碍者の居場所について、
人権・安全・安心といった観点から
様々なことが議論されている。
同じ視点でも誰が主張するかにより、
結論は多様なものとなる。
このように錯綜した状況を切り開く鍵を、
パネリストや来場者と共に考えたい。
それは我々の社会の在り方を問い直すことにもなろう。

 

 

 

日時:2018年2月25日(日)13:30~16:45(13:00開場)
会場上智大学四谷キャンパス 2号館5階 2-508教室
定員:100名(入場無料・申込不要・どなたでもご参加いただけます)

プログラム
 第1部:講演
     水留 正流
(南山大学法学部)
       精神科医療における病院と地域
         ―心神喪失者等医療観察法と触法精神障害者の処遇
     三島 卓穂(千葉県袖ヶ浦福祉センター見直し進捗管理委員)
       強度行動障害を持つ人の居場所はどこなのか
     大塚 晃(上智大学総合人間科学部)
       社会福祉の課題~相模原事件から見えるもの~
     石田 安実(上智大学生命倫理研究所)
       「正常さ」の束縛と多様性の間

 第2部:パネルディスカッション・質疑応答
     司会(モデレーター)奥田 純一郎(上智大学法学部)

 

 主催:上智大学生命倫理研究所
 共催:南山大学社会倫理研究所

—————————————————————————————————————————————————————————

 お問合せ:上智大学生命倫理研究所
      〒102-0081 東京都千代田区四番町4
      TEL: 03-3238-4050
      FAX: 03-3238-4011
      URL: http://www.suibe.jp

 

カテゴリー: info パーマリンク